10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.11.22 (Tue)

うわっ!

皆さん、おはようございます。

今、ふと窓の外を見たら、西山(朝日連峰)が真っ白!
一晩で。
さすが~。
これはふもとに近い我が家もうっすら白いかも…。
スポンサーサイト
07:06  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.11.19 (Sat)

映画「うまれる」 年明け上映!

皆さん、こんにちは。

またもやイベントのご案内です。

映画「うまれる」を来年1月22日(日)に白鷹町の「文化交流施設 あゆ~む」にて上映します。
ノラメンバーの山本(典)と子育て仲間のお母さん達で企画しています。
ブログ(「おきたま うまれる」)が出来たので、リンクしました。
ぜひこちらもおたのしみに!

映画「うまれる」公式HP

「おきたま うまれる」ブログ

「文化交流施設 あゆ~む」HP
10:33  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.11.18 (Fri)

11月23日のイベント出店準備!

皆さん、こんにちは。

今朝の白鷹は強い霜がおりました。
起きて窓の外の畑をみた娘が、「白いね。お野菜動いてないね。柿もとまってるね」って。
冬が始まったのでしょうか。

さて、唐突ですが山形県在住の皆さん。
11月23日(水・祝日)にやまがたオーガニックフェスタ」というイベントが山形ビッグウイングで開催されます。
「『山形の有機農業や県産農産物をもっと知ってもらう!』をテーマに、有機栽培を中心とした山形の元気な農家が大集結」するそうで、ノラにもお声がかかり、ただ今準備の真っ最中。

お餅は、基本の白餅・玄米餅をはじめ、置賜伝統の味噌餅やエゴマ餅、キビ餅、黒米餅、エゴマたっぷり玄米餅、実は炒め物にも重宝な薄きり白餅、薄きり玄米餅など、まぁよくもこんなに種類があるわね的ラインナップ!
生活クラブやまがたの組合員さんにはおなじみの甘夏ケーキは、スティックタイプで登場! 小さなお子さんの手に収まり、おやつにちょうどよいサイズです。
また、炊き込みご飯の素やバジルペースト、マヨネーズと混ぜると絶品「味噌マヨ」に変身するエゴマ味噌や、基本のお漬物「おみ漬け」などなど、机に乗っかるの?と心配なくらいの品物を持っていきます。
そして、すべて試食OK!
炊き込みご飯の素も、わが家の「さわのはな」で炊いて行きますよ~。

このイベントは、県内の若手有機農業者がはじめて企画したビックイベントです。
山形の将来を担う若い衆たちを応援しに、ぜひ足をお運びください!
18:48  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.11.15 (Tue)

見習わなくっちゃ!

皆さん、こんばんは。

天気予報では東北も山間部は初雪も、と。
夜が明けたら朝日連峰はうっすら雪化粧しているのでしょうか。
今日15日は七五三なので、全国的に晴天だと嬉しいですね。

わが家は先週末にお宮参り(←抱っこで拘束)と写真撮影(←お菓子でだましだまし)をすませたのですが、
それにあわせて長野県松本市の飴屋さんから千歳飴を宅急便で届けてもらいました。
そしたらダンボールに太マジックで大きく、丁寧な言葉で、割れやすいので荷扱いに気をつけて下さい、という一文が。
ダンボールをあけたら、しっかり緩衝材&割れやすい飴だから、と同じものが一組サービスで入っていました。

どんな方々が働いていらっしゃるのか、ご挨拶しに行きたくなりました。
ありがとうございました。
02:01  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.11.10 (Thu)

キビちゃん、もう一息!

皆さん、こんばんは。

今夜の白鷹はきれいな月夜。
明朝は寒そうです。

さて、雑穀のキビがそろそろ、ぴかぴかきれいに精白してもらって、戻ってきそうです。
長かったぁ。

播種後、ぜんぜん雨が降らなくてなかなか発芽せず、芽がでてもまばらで・・・、と気をもんでいた日々が今となっては懐かしい。


P1080778_convert_20111109061305.jpg
毎年、10月上旬に収穫していたのに一週間以上遅れてやっと黄金色に。
19:09  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.11.09 (Wed)

晩秋恒例の青菜洗い

皆さん、こんにちは。
昨晩の白鷹はこの時期らしい冷え込みで、身体で覚えている気温と実際の気温が久しぶりに合致した感じでした。
やっぱり晩秋なのですね。

今、ゆうゆう舎では「おみ漬け」用の青菜(せいさい)の下処理が早朝から行なわれています。

P1080938_convert_20111109061050.jpg

「おみ漬け」の“おみ”は、“近江(おうみ)”からきていて、「おみ漬け」はその昔近江商人から伝えられた漬物で、その後山形の郷土食として定着したそうです。
食卓に欠かせない漬物(青菜や人参などを刻んで醤油ベースの調味液で漬けた、青菜のピリカラ感と調味液のあまじょっぱさが◎)で、そのままご飯と食べたり、納豆に混ぜたり、少し絞って軽くいためたり、ととても使い勝手のよい漬物です。

美味しいおみ漬けを食べてもらうためには、とにもかくにも青菜を適期に収穫して、下処理することが欠かせないわけで、それはもう総動員で水洗いなどを行ないます。

“総動員”と言っても、実は僕、この作業にまったく参加していないのですが・・・。
07:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.11.08 (Tue)

深夜のエゴマ炒り

皆さん、こんにちは。
このところ、「ブログ更新してね」と声をかけていただくことが多く、嬉しいやら恥ずかしいやら。
ありがとうございます。

今晩は雑穀のエゴマを水洗いしたあとに鉄鍋で炒る作業をしていました。

P1050957_convert_20100107130048.jpg

棒でぐるぐるかき混ぜ、桶をかえて、さらにぐるぐるかき混ぜ、水面が静かになるのを待つとゴミなどが底に沈む(すでにフルイや唐箕で取り除いているのに、まだ出てくるのです)ので、浮いているエゴマをザルで掬い取ります。


PAP_0000_convert_20111108013144.jpg

そして鉄鍋で根気強く、焦がさないように慎重に混ぜ続けます。
このごにおよんでも小さなエゴマの枝のようなもの(エゴマ種子でなければ、エゴマといえども異物混入になります)があったりするので、鍋の中でしゃもじに押され、あっちからこっちへ、こっちからあっちへぐるぐる動き回る小さなエゴマの大群を凝視し続けます。たぶん、目つき悪くなっています。

作業中は気づかないのですが、作業を終えて着替え、帰宅するときに作業室の前を通るとき、エゴマのほのかに甘い独得の香りが、なんだかご褒美のように包んでくれるのです。
01:58  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.11.04 (Fri)

いか~ん!

うわぁ~、皆さんたいへんご無沙汰しております。
ブログは更新してないし、上京して友達に会ったら「二人目産まれたの!?」「引っ越したの!?」「・・・なんで言わないの!」。

と、いうことで左が8月に生まれました「みちる」です。右が3歳になった「みのり」です。

ええ、ぜんぜんノラの出来事ではありませんが、それは次回のおたのしみ!
すみません!

P1080852_convert_20111104004944.jpg
00:59  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。